性器カンジダ症の特性と女性がカンジダ症になってしまった場合にはニゾラールクリームが良いの?

性器カンジダ症、という性病は特に女性にかかりやすい性病の一つで非常にポピュラーな物となっていますね。性器カンジダ症は、主にオリモノの異常や性器の痒みなどが症状として有名ですが、それ意外にも様々な症状を持っているんですね。今回は、そんなカンジダ症についての詳細な症状や原因などについてを解説しましょう。

■カンジダ症と他の性病の違い
カンジダ症は、性病の一つであることは違いないのですが実は他の性病とは少し違うところがあるんですね。他の性病、というのは菌やウィルスなどが性交や接触によって感染し、潜伏期間を経て症状を発症すると言う物ではないんですね。男女ともに、性感染症をすると言うこともあるのですがカンジダ症の多くの発症原因は常在菌の繁殖などによって引き起こされる物なのです。

性器カンジダ症の特性と女性がカンジダ症になってしまった場合にはニゾラールクリームが良いの?

特に、女性の場合は非常にカンジダ症に感染しやすい経口にあり5人に1人はカンジダ症を経験したことがあるという人がいるくらいなのです。しかも、それは性交の経験の有無は関係なく感染する可能性があるもので、いわゆる自己感染をするという性病であるところが特徴的なんですね。

文献※ニゾラール クリーム http://www.idrugmt.asia/drug/nizoral-crm.html

更に、カンジダ症は性器だけではなく口腔や皮膚にも発症する事がありますので性病でありながらも、性器以外でも病状が発生する事があるという性病の中でも症状においても感染経路においても極めて特殊な例を持っている、という性病であるところが特徴的ですね。

そして男女で感染率が違うということもさながら、症状の出方だったり治療の仕方なども変わってくると言うところも、この世紀カンジダ症の特徴でもありますので本格的な治療は専門医の診断が必要不可欠になっているのです。

■性器カンジダ症の原因について
性器カンジダ症は、主に自己感染と他人からの感染と二種類の感染経路において発症する物です。しかし、性器カンジダ症は寧ろ他人から感染するよりも体内にあるカンジダ菌が何らかの原因によって繁殖、増殖することによって症状を発生させるケースのほうが多いくらいなんです。

主な原因は、免疫の低下、抗生物質やステロイド剤の服用、妊娠や不衛生だったり患部の多湿状態を日常的に作ってしまう、というような環境によるところが多いんですね。更に、女性が男性に比べてこのカンジダ症に感染しやすいという特徴なのですが、これは原因としてホルモンバランスの乱れによってカンジダ菌が増殖してしまうという特性を持っているからなのです。

男性に比べ、女性は月経前や妊娠中など普通に生活をしていく中でもホルモンバランスのバイオリズムが乱れてしまう物なので、カンジダ菌が増殖しやすい環境が男性に比べるとどうしても多い、ということが原因だと言われています。こういった、環境というのは普通に生活をしていくとついつい起こってしまうケースでもありますので、カンジダ症というのは女性の5人に1人は経験している、という現状があるわけです。

しかし、カンジダ症というのは発症率は高いですが症状自体が重篤なものになるというケースはそれほど多くないのも一つの特徴ですね。

■カンジダ症かなと思ったら
特に女性は、カンジダ症かなと思った場合は誰にでも起こり得る物なので自己判断をしたりせずに、なるだけ早めに病院に行って診断をしてもらうことが大事です。というのもカンジダ症と言うのは似たような症例をもつ別の性病や感染症と言う物もありますのでそれと勘違いしていると自然治癒シない場合があるからなのです。